blog newlife

Just another WordPress site

ニューライフ

ミャンマー民族衣装

投稿日:2020年11月6日 更新日:

今回はミャンマーの民族衣装「ロンジー」をご紹介します。

目次

・ロンジーとは?
・ミャンマーの民族
・ロンジーの特徴
・ロンジーの機能性
・ロンジーの値段
・ロンジーの色

ロンジーとは?

ミャンマーの伝統衣装で日常的に着用されている巻きスカートです。

ラオスにもシンという巻きスカートがあります。シンは女性だけが身につけますが、ロンジーは男性も着用します。ビルマ語で男性用のロンジーはパソー、女性用のロンジーはタメインとよばれています。

ミャンマーの民族

ミャンマーの民族は大きく8つあります。それらを細かく分けていくと135の民族で構成されています。

①ビルマ族  9つの民族から構成。人口の約68%を占めている。
②シャン族  33の民族から構成。人口の約9%を占めている
③カレン族  11の民族から構成。人口の約8%を占めている
④カチン族  12の民族から構成。人口の約7%を占めている
⑤ラカイン族 7の民族から構成。人口の約4%を占めている
⑥チン族   53の民族から構成。人口の約2%を占めている
⑦モン族   1の民族から構成。現在約800万人位がモン族を自称している
⑧カヤー族  9の民族から構成。

カレン族の女性たち

ミャンマーは多民族国家であり、各民族には特有の民族衣装があります。ロンジーは元々カレン族の民族衣装でした。

以前はミャンマーの人口の半数以上を占めるビルマ族が、カレン族のロンジーを着る姿は見られませんでした。しかし、今ではビルマ族もロンジーを愛用しています。2010年以降、経済の発展とともに民族の壁が取り払われつつあり、民族衣装をファッションアイテムの一つと捉えるようになった影響もあると言われています。

ロンジーの特徴

ロンジーは幅1.5mくらいの布を筒状に縫ったシンプルな構造で、腰に固定して着用します。男性用のロンジーでは分け目を中央に、女性用では左右の端にするのがポイントです。

ロンジーの機能性

ロンジーは、ミャンマーでの日常生活に最適の服だと言われています。その理由はたくさんありますが、よく挙げられるメリットはこちらです!

①素肌を隠せる
 ミャンマーは90%が仏教徒のため、人前で肌を出すのはご法度とされています
 す。ロンジーならくるぶしまで隠せます。

②股を大きく開いても大丈夫
 仕事や参拝、私生活において大きく股を開いても布に余裕のあるロンジーなら
 脚が見えず安心です。

③水浴びの時に大活躍
 日本人には馴染みがありませんが、ミャンマーには服を着たまま水浴びする
 習慣があります。薄手のロンジーならすぐに乾くのでとても便利です。

④汚れた道やトイレでも安心
 雨季の大雨で浸水したり、トイレが汚れていたりしてもロンジーは簡単に裾を
 まくることができます。

⑤とにかく涼しい
 ロンジーは風通しがとても良いので、一年中暑いミャンマーにはうってつけで
 す。

ロンジーの値段

普段着用のロンジーは3,000チャット〜15,000チャット(約230円〜1000円)で手に入り、高いものでは150,000チャット(約10,500円)くらいと結構値段に開きがあります。

ロンジーの色

ロンジーは職業によって着用する色が決められており、学生と教師は緑のロンジーと白のエンジー。

看護師は赤のロンジーと白のエンジーというふうにロンジーとエンジーには色や模様に決まりごとがあります。

まとめ

ロンジーはファッションアイテムでありながら民族の誇りを表現できる魅力的な衣装です!

今回はミャンマーの民族衣装「ロンジー」をご紹介しました。
ミャンマーを訪れた際には、お土産に購入してみてはいかがでしょうか

-ニューライフ

執筆者:


  1. […] ミャンマーの伝統衣装である巻きスカート「ロンジー」。着心地が良く動きやすいので、女性観光客を中心に人気があるお土産です。 […]

関連記事

ミャンマー サッカースタジアム

今回はミャンマーのサッカースタジアムをご紹介します。 目次 ミャンマーサッカーの聖地 トゥウンナ・スタジアムミャンマーサッカーの歴史 Aung San Football Stadiumミャンマー第二の …

ミャンマーへの送金方法

今回は日本からミャンマーへの送金方法をご紹介します。 目次 ミャンマーへの送金はセブン銀行海外送金サービスが簡単セブン銀行海外送金の登録方法も紹介しちゃいますミャンマーでの受け取りも超簡単 セブンイレ …

ヤンゴンからマンダレーへの行き方

今回はヤンゴンからマンダレーへの行き方を紹介します。 マンダレー空港 目次 飛行機での行き方バスでの行き方鉄道での行き方 ヤンゴンからマンダレーへは飛行機・バス・鉄道の3種類です マンダレーヒル ヤン …

ベトナム ホーチミンのおすすめカフェ

今回はベトナム、ホーチミンのおすすめカフェを紹介します。 目次 1 ベトナムカフェチェーンの最高峰「チュングエンレジェンド」 2 ベトナムのスタバ”とも称されるコーヒーチェーン「ハイランズコーヒー」 …

パテイン おすすめホテルTop3

今回はパテインを訪れたいけど宿泊はホテルってあるの?と言った皆さんの疑問にお答えします。 目次 おすすめNO1ホテルはSwen Hotelです!新しいホテルならShekinah Hotelです! とに …