blog newlife

Just another WordPress site

ニューライフ

シェダゴン・パゴダ

投稿日:2020年9月29日 更新日:

今回はミャンマーのヤンゴンにある寺院「シェダゴン・パゴダ」をご紹介します。

目次

①シェダゴン・パゴダはミャンマー人の誇り
②シェダゴン・パゴダの言い伝え
③シェダゴン・パゴダの歴史
④シェダゴン・パゴダの構造
⑤シェダゴン・パゴダの入場方法

シェダゴン・パゴダはミャンマー人の誇り

イギリス植民地支配の名残が見られるコロニアル建築、インド人街や中国人街などのエスニックな通り、巨大で活気あふれるマーケット。ヤンゴンは、アジアとヨーロッパの文化が優しく混ざり、マーブル柄になった都市、それがヤンゴン。

シュエダゴン・パゴダは、そんなヤンゴン市街の北部にあり、ミャンマー仏教の総本山として、一年中熱心な祈りを捧げる参拝者たちでにぎわっている。

シェダゴン・パゴダの言い伝え

約2500年前の紀元前585年に、モン族の兄弟がインドを商用で訪れていた際に、仏陀が悟りを開いたとの情報を得て面会し、仏陀から直接もらい受けた8本の聖髪を持ちかえり、モン族の王へと捧げた。王はこの聖髪を丘の上に置き、高さ9メートルのストゥーパを建てた。

れがシュエダゴン・パゴダの起源だといわれている。また、この伝説は、シュエダゴン・パゴダだけでなく、ミャンマーという国の成り立ちを示す伝説として受け取られている。

シェダゴン・パゴダの歴史

実際に建立されたのは、6~10世紀頃ではないかとの見方が、考古学者たちの見解であり、現在、我々の目に映っている姿は、さらに時代を上った15世紀頃に完成したのだろうと考えられている。

17世紀に入ると西洋の歴史にも登場し、ポルトガルの探検家がシュエダゴン・パゴダを略奪。パゴダに寄贈されていた30トン近い鐘を大砲の材料にするために運び出そうとしたという。しかし、川を渡る途中で鐘が落下。その重さから回収することができなかったのだそうだ。

シェダゴン・パゴダの構造

シュエダゴン・パゴダの境内は、東西南北の門から入り階段を上がった上部にある。(現在はエレベータも完備されている)境内は高さ約100メートルの黄金のストゥーパを中心に60余りの仏塔や廟が林立する空間になっており、供物や土産物を売る店も数多い。

シェダゴン・パゴダの入場方法

シェダゴン・パゴダ直通のエレベーター

外国人用の入り口があり、エレベーター完備。一気に丘の高さまで上がり、そこから渡り廊下を抜けることで、苦労することなくパゴダに近づけるようになっていて便利だ。

なお、ミャンマーでは寺院の境内には裸足で入るものとされており、このパゴダも例外ではない。こちらの入り口で履物を脱いで寺院に入ります。

まとめ

百聞は一見にしかず ヤンゴン来たなら
シェダゴン・パゴダは訪れるべし

圧倒的な存在感を放つシェダゴン・パゴダ。朝・夕・夜それぞれ違った顔を見せてくれるので時間差で訪れるのも良いだろう。是非一度は訪れて欲しい場所です。

-ニューライフ

執筆者:

関連記事

ヤンゴン国際空港の入国

今回はヤンゴン国際空港に到着してから入国までの流れをご紹介します。 目次 VISAって必要ですか?入国審査ってどんな感じですか?(動線をご紹介するので心配ありません)日本から持ち込めるものはなんですか …

ミャンマー 八曜日占い

今回はミャンマーの「八曜日占い」をご紹介します。 目次 1 八曜日占いとは? 2 八曜日占いはミャンマー人の生活に根づいています 3 八曜日占いの各曜日の特徴 ・月曜日 ・火曜日 ・水曜日(午前) ・ …

ホーチミンでワークパミット健康診断ならCOLUMBIA ASIA SAIGON INTERNATIONAL CLINICがオススメです!

今回はワークパミット(労働許可証)健康診断のおすすめの病院「COLUMBIA ASIA SAIGON INTERNATIONAL CLINIC」をご紹介します。 目次 ◾️ …

ヤンゴン国際空港からの出国

今回はヤンゴン国際空港からの出国と空港の様子をご紹介します。 目次 ヤンゴン国際空港ってどんな感じ?出国の手続きはどうすればいいの?(動線を解説しますよ)待ち時間はどう過ごせばいいの?(ショップや飲食 …

ベトナムのバイク事情

今回はベトナムのバイク事情をご紹介します。 目次 1 国民の90%が保有しているのでバイクでいっぱいです 2 なぜみんなバイクを購入するんですか? ・電車やバスといった公共交通機関が整備されていない …