blog newlife

Just another WordPress site

ニューライフ

ミャンマーで携帯電話を使うなら、圧倒的に安い現地SIMカードを購入しよう!

投稿日:2020年6月19日 更新日:

今回はミャンマーでの携帯電話を使う場合のおすすめSIMカードをご紹介しますよ!

目次

  • 私のおすすめNO1 ミャンマー国内で1番つながるMPT
  • MPTに追いつけ追いこせ telenor
  • ヤンゴンだけならooredooも有りですね
  • ベトナム資本の新参 mytel
  • SIMカード購入は空港がおすすめです

私のおすすめNO1はMPTです

なぜなら対応エリアも広く1番つながるからです

MPTはミャンマー国営の通信会社です。古くから独占状態が続いていたのでエリアも広くよくつながると評判です。2014年からはKDDI・住友商事といった日本企業がサポートしています。

私も使用していました。ヤンゴンはもちろん、パテイン・マンダレーなど他の都市でも全くストレスなしでした。おすすめです。

SIMカード

MPTのホームページはこちら

MPTに追いつけ追いこせ telenor

telenorはノルウェーに本社を持つ外資資本です。データサービス通信エリアが広いと言われています。MPTに次ぐ人気のキャリアです。

telenor SIMカード

telenorホームページはこちら

ヤンゴン市内だけなら ooredooも有りです

ooredooはカタールに本社を持つ外資資本です。ヤンゴン市内でのサービスに力を入れています。通信料も他社に比べて安いです。

しかし、ミャンマー国内の他の都市では電波が飛んでいない可能性があります。
ヤンゴンのみの滞在の方は検討してみてもいいかもしれませんね。

ooredoo SIMカード パッケージ

ooredoホームページはこちら

ベトナム資本の新興勢力 mytel

mytelはベトナムの通信会社 Viettelとミャンマーの企業連合との合弁会社です。

参入した時は激安を売りにしていたそうだが、現在は料金、サービスエリア共に
他のキャリアに比べると物足りないという評判ですね。

mytel SIMカード

mytelホームページはこちら

SIMカード購入は空港がおすすめです

到着出口を出ると正面に両替所と並んでMPTとmytelの窓口があります。
わかりやすいですね。

MPT・mytelのSIMカード販売窓口

telenorとooredooの窓口は少し左に進んだ所にあります。すぐわかるので心配なしです。

telenor・ooredooSIMカード販売窓口

空港でSIMをゲットすればグーグルマップやGrabもすぐに使えるので便利です

空港でSIMカードを購入してデータ通信ができれば、グーグルマップやGrab(タクシー配車アプリ)が使えます。非常に便利です。

もちろん市内でもSIMカードは購入できます

市内ならショッピングセンターがあすすめです。私はミャンマープラザでMPTのSIMカードを購入しましたが、その他の通信会社もそろっているので、自分にあったプランを見つけることもできます。

ちなみに私はミャンマープラザでギャラクシーのSIMフリー携帯を購入してその足でMPTでSIMをゲットしました(笑)

ミャンマーで携帯電話を使うには、まずSIMフリー携帯が必要です

私はミャンマープラザで購入しましたが、日本の大手キャリアの携帯はSIMロックされている場合が多いのでショップなどでSIMロック解除が必要です。

SIMロック解除はキャリアによって異なりますが条件を満たしていれば
インターネットでできます。

SIMロック解除の方法について
ソフトバンクの場合
docomoの場合
auの場合

SIMカード購入にはパスポートが必要です

SIMカードを購入する場合は外国人はパスポートの提示を求められます。
空港で購入する場合はパスポートは持っているので心配ないですね。
市内ショップで購入する場合はお忘れなく(笑)

さあ、通信会社を決めてSIMカードを購入しましょう

SIMカードの値段はどの通信会社も1,500MMK(約115円)程度と安価です。
空港では旅行者用に様々な通信データーパックが準備されています。
滞在地や日数など自分にあったプランが見つかるはずです。

SIMカード挿入した後はAPN設定が必要ですが・・・

SIMカードを挿入したらAPNを行う必要があります。いわゆる初期設定ですね。
なんだか難しそうですが・・・

全て店員さんが設定してくれるので心配なしです

支払いは現地通貨MMKを用意しましょう

基本的に支払いは現地通貨のMMK(ミャンマーチャット)になりますので
両替所やATMでのキャッシングで準備しておきましょう。

プリペイド式携帯なのでチャージが必要です

ミャンマーではSIMはプリペイド式です。使い切ってしまった場合はチャージする必要があります。チャージはトップアップといい方法は2種類です。

トップアップ①トップアップカードを買う

カード裏面のスクラッチ部分を削りPIN番号を確認する。この番号を携帯で打ち込むだけでOK

例えばPIN番号が2592 536 4828 3636 12だと
*123 2592 536 4828 3636 12♯と入力すればチャージOK。

スーパーマーケットではレジ近くにカードが置いてある。精算の際に渡されるレシートにPIN番号が書いてあり、打ち込みは*PIN番号♯でチャージOK。

トップアップ②e-Top up

ショップで直接店員にチャージしたい金額を伝えます。すると店員が専用端末を使ってその場で電子チャージしてくれます。

チャージが完了するとSMSでメッセージが届くので確認できます。

まとめ

ミャンマーでは空港でMPTのSIMカードの購入がおすすめですよ

海外でインターネットが使えるとほんとに便利です。ミャンマーは安価で通信速度もストレスを感じることはありません。通信会社やパッケージもたくさんあるので自分にあったプランを見つけてミャンマーライフを楽しみましょう。

-ニューライフ

執筆者:

関連記事

ミャンマー サッカースタジアム

今回はミャンマーのサッカースタジアムをご紹介します。 目次 ミャンマーサッカーの聖地 トゥウンナ・スタジアムミャンマーサッカーの歴史 Aung San Football Stadiumミャンマー第二の …

ミャンマー プロサッカーリーグ

今回はミャンマーのプロサッカーリーグをご紹介します。 目次 ミャンマーってプロサッカーリーグはあるの?レベルはどうなの?盛り上がってるの?日本人プレーヤっているの?注目チームは?注目選手っているの? …

シェダゴン・パゴダ

今回はミャンマーのヤンゴンにある寺院「シェダゴン・パゴダ」をご紹介します。 目次 ①シェダゴン・パゴダはミャンマー人の誇り②シェダゴン・パゴダの言い伝え③シェダゴン・パゴダの歴史④シェダゴン・パゴダの …

ミャンマーのお土産 おすすめ5選

今回はミャンマーのお土産、おすすめ5選をご紹介します。 目次 1 ミャンマーのお土産選びのポイントは場所選びです  ・ヤンゴン最大のボジョマーケットと周辺のスーパーマーケットが   ねらい目です。 2 …

パテインおすすめスパ

今日はパテインにスパってありますか?と言う皆さんの疑問にお答えします。早速ですが・・・ ぶっちゃけ、I Spa Beauty Centre 一択です カントジ湖のほとりレストラン、アミューズメントやイ …